健康な睡眠時間の長さとは?

健康な睡眠時間の長さとは?

一般には「8時間睡眠」と言われるように、一日8時間寝るのが健康的と考えられています。

要するに8時間寝て、8時間働くか学校に通って、8時間を自由時間や家族との時間に充てるという考え方です。

一日24時間を綺麗に三分割出来るので、このくらいの長さが良いと考えられているといえますが、正直な話をすれば、8時間も寝ると、目覚めても頭と身体に寝ぼけた感じが残ってあまり気持ちよくないものです。

人によっては8時間睡眠を完遂する前に自然に目が覚めてしまうかもしれません。

6時間未満睡眠と8時間以上睡眠は寿命を縮める

アメリカで発表された研究では、100万人以上の対象者から取った統計によると、一番寿命が長かったのは6時間半から7時間半の睡眠時間を取っている人で、6時間未満の睡眠時間を取っている人、8時間以上の睡眠時間を取っている人と続いています。

寝不足は頭と身体の疲れの解消を阻害し、うつ病を引き起こす原因にもなりますが、寝すぎの方が身体に良くないのは意外かもしれません。

寝すぎが身体に悪い原因は未だに特定できていません。

寝すぎが生活リズムを崩していて体調を悪くしているのか、寝すぎで食事のタイミングがずれて過食などの原因になっているのか、何らかの疾患を患っているのか、考えられる原因はいくつかありますがどれも決定的とは言えません。

このように、長生きに繋がる理想的な睡眠時間の長さは、6時間半から7時間半の間であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です