OLがどう食OLが胃腸炎の睡眠と健康飲食原則

今の社会は絶えず発枚の人々に、食べ物の認知も違う引き上げようでは、食事は人々の生活の中での役割のように、私たちは皆知っている今人々はますます重視の養生、養生と食事も離れられないで、私達に教えてみんなの食や病気の間にも関係がある.今日ご紹介するのは胃腸炎、生活中常会出会った病気なら、この病気はすべてどれらの飲食原則ですか 精力剤 通販

にして

飲食の保養<P>p> <いち、腸カタルの初期には、腸の急性炎症や充血、むくみ、流れ出た段階で、この時腸蠕動活躍や痙攣状態は、その消化吸収機能はすべて比較的に弱いから、病気の後はち~じゅうに時間内に、患者を流動食品、例えば米のかゆ、片栗粉,小麦、卵細くそうめん、あんかけ薄面片など.例えば下痢深刻や汗が多く、適切にいくつかのない患者に飲んでスープ、例えばメートルジュース、スープ、ジュース、淡塩お湯などを補充し、体内の水分や電解質、ビタミン不足.

に、腸カタル好転期、患者に食べて消化や栄養豊富な流動性や半流動食品、例えば米のかゆ、細麺、茶碗蒸し、しょっぱいビスケットなど.多くの食の方法を採用して、毎日食べる4~5回.注意したいのは、この時は牛乳を飲むと大量のあめを食べて、これらの食品に入って、腸の後に大量にガスを引き起こしやすい発酵,睡眠と健康、腹部膨満腹痛、患者苦痛を増やす.また、牛乳には脂肪が多い,脂肪が腸内、腸蠕動の作用を強めていますが、腸に負担がかかり、病状に不利になります.

さん、腸カタルの回復期、胃腸の特に腸病態生理に変えて、この時に非常に敏感な腸の食べ物なので、十分注意して節制飲食、食を食べなければならなくて、柔らかく軽い、温かい食べ物を避けるために、早い時間に食事脂身、揚げ物や冷たい硬い食品や多くの繊維食品、例えばセロリ、ニラ、蒜苔など.回復期間後2~3日前後、正常食で食事をします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です