野菜ジュース「養生」の睡眠と健康効能は微微

野菜ジュース、ダイエットに来て、人はそれを使って美容に来て、また人はそれを使って癌あるいは心臓病を予防することを予防します.野菜ジュースは本当に不思議な作用がありますか?まずは、野菜は健康に積極的に作用していると言います.大量の疫学調査と科学実験の結果によって、科学者推薦人は毎日何百グラムも野菜を食べます.野菜は少ない人に比べ、野菜を食べて多い人の癌、心血管病、高血圧など慢性疾病の発生リスクが低い.現代人は毎日食べる野菜はよくお勧めしますから、野菜をたくさん食べて健康にいいと言われるのは、やはり合理的です.生野菜には、野菜の中の各種の栄養成分が調理中に下がることはありません.多くの疫学疫学調査研究の研究は生で食べて野菜を食べる健康に健康に影響を与える.一般的には野菜を生で食べる人が慢性病の発生率は低い.しかし、この調査の問題は、生野菜と適に熟食べる野菜の品種は違うので、この良いの結論の入り混じった野菜の種類の影響もない全てまとめてから生で食べる.いくらであれ、生であれ、食べ方が良いとは.でも、生野菜は他の問題に直面している.1、料理も殺菌の過程.野菜の衛生を保障できない場合は、他の殺菌処理、調理は細菌の病気の必要な道を避ける.第二に、たくさんの農薬が殘留て料理に殘留されます.第3、野菜に天然の毒素又は栄養成分を含んで、料理を経て大きく下げて、最も典型的な例は各種の豆類です.第四、栄養の成分が料理を通ってから、もっと釈放して吸収する、たとえば、にんじんとトマトの赤素.野菜の汁は栄養がなくて野菜の汁の汁も1種の加熱する調理方式にすることができます.この過程で、水溶性の栄養の成分は汁には多数出て、溶性の食物繊維が殘になることができます.多くの鉱物質はセルロースと一緒に行っているので、おからに殘のも少なくありません.アメリカ農業省の食品成分データベースで,睡眠と健康、100グラムの繊維含有量は8グラム,100グラムでは8グラムで、100グラムは8グラムです.100グラムでニンジン汁が100グラムも搾るないと考えて、2人の差がはっきり見える.また、野菜の有益な成分には植物化学成分が含まれ,抗酸化剤、酸素に敏感に敏感になっています.典型的なビタミンC、異なった野菜、汁の方式は異なる程度の損失があることができます.搾るという野菜ジュースは搾る、つまり殘滓.このような野菜ジュースをより正確には野菜ゼリーや野菜泥に相当するべきで、歯を引き受けた仕事は早めに来てもらったでビーダー.野菜ジュースよりも、セルロースやミネラルの損失は避けられないが、酸化損失の問題は依然として存在している.野菜ジュースは特殊な養生効果野菜ジュースは1種の生で食べる方式である.加熱調理に比べ、その抗酸化成分が損失が少なくなる可能性があります.でも野菜汁を搾ってあるいはビーター結局ない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です