見るの睡眠と健康があまりに遠いしうまいと限らない

私との日の地壇』の作者史铁生さんが私たちのために知って.彼は1972年に病気で足を麻痺を北京に戻って.1979年から作品を発表する.「生きて最狂の年齢にさっと不自由になってしまった足.20世紀の90年代に、現代の精神の影響を受けた後、普通の人々も、思わずは人が生きている意味で悩んでいた.の日の地壇、廃人、廃園で、これらの史铁生振り返ってもすこぶる感慨.彼は言います:21歳のときに、もし私は知っていてこんな日々永遠になる、それは想像できない人生!私も勇気を持ってないかもしれない.逆に30年後、回を今真実の日、私はかえって悲しく感じない.一歩一歩歩いて、私は私の人生は圧巻でかえって!特別な意味がある!



の、現実の中で、事をしてよく中途半端で、更に多くのは難しいのであまり感じではなく、成功は遠く、疲れと無力、見えない希望.つまり、私たちではないので、諦めて失敗のためではなく、倦怠で失敗する!

一歩一歩歩いて見て、誰が自分の道を見ている、はっきり.ほとんどは私たち一人一人が日常生活の中で絶えずにぶつかって、どんどんやって私たちは考えて自分の行くべき道と同の歩く道!

見るほど遠く遠く不明の困難されやすいおびえる!私たちは疲れやすい!見なくてそんなに遠くて、ある人はその人は長いの目標は、長期的なつもりはない.このような人の視野の狭い、涙に足踏み.あれは私達はどうするべきですか?もし私達の長期的な目標を分けて多くの段階を確立し、睡眠と健康、段階ごとに小さな目標達成に、いったん自分のいくつかの奨励とポジティブフィードバック.それが私たちに専念して、一心不乱に目の前の問題解決.問題解決の時からの中で絶えず自信と楽しみを得て、次の段階の目標を実現する力.

人生の旅の中には、我々だけでなく、大誌を抱けも大事にする小さな目標の確立、学会の長い目標を分けて若干の小さな目標に一つ一つ実現、学生として、勉強についても同じ.目標にも遠くに、かえって高望みやすく、最後に何も始まらない!

もう長いの道を堅持し、一歩一歩が歩き終わって、更に短い道、歩き足は永遠に届かない.やすやすと実際に、一歩一歩、むしろ目標を実現しやすい、終点に到着しやすい!

この世界で一番難しいことは堅持して、最も容易なことは堅持しても!私たちは必要がない個人の目標をあまり長いだけが必要で、設定相対的いい遠くいくつか、この度に私たちの個人の都合.見るのがあまりに遠いし、うまいとは限らない!最も重要なのは私達の身の回り>して着手すべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です