睡眠、睡眠習慣、睡眠障害と健康について

睡眠の時間がだいたい命の長さの3分の1を占めましす。人間にとって、睡眠は健康と深い関係があることと考えられています。もし悪い睡眠だったら、体に悪い影響を与えて、病気になってしまいます。

一般的には、睡眠問題は「睡眠習慣」と「睡眠障害」二つの問題に分けられます。
睡眠習慣は睡眠不足による体内時計の問題です。慢性的な睡眠不足は昼の眠気や意欲が低下し、記憶力が減退することなどだけではなく、体内のホルモン分泌や自律神経機能にも大きな影響を与えます。例えば、健康な人は一日8時間に眠った日に比べて、睡眠不足をたった二日間続けただけで食欲を抑えるホルモンでレプチン分泌は減らして、逆に食欲を高めるグレリン分泌が増加するため、食欲が増えます。慢性的な寝不足の状態にある人は糖尿病や心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患といった生活習慣病に罹りやすいことがなっています。
睡眠障害は睡眠時無呼吸と不眠症の問題です。睡眠障害も生活習慣病の発症に関わっています。以前から生活習慣病患者では睡眠の時、無呼吸症候群や不眠症の方が多いことが知られていました。その後の多くの研究によって、睡眠障害が生活習慣病の罹患リスクを高め症状を悪化させることや、その発症メカニズムが明らかになりつつあります。例えば、高血圧、心不全、虚血性心疾患、脳血管障害などに罹りやすくなります。
以上の説明を通じて、睡眠と健康は大きな関係があります。睡眠習慣と睡眠障害は生活習慣病に引き起こす可能性が高いため、質の良い睡眠が大事になります。

シアリスが36時間以上を持続することができて、勇猛のシアリスとも呼ばれています。