宝栃尾温檸檬泉石より睡眠と健康も草

佚名ネットワーク

豪商奥力姆と彼の瑪ディ、都市に来て.

奥力姆聖瑪、ディお前か、この町を助けてくれた.その年に、私はここから通って、突然急病発作、道端で倒れ.この街で一番の人々は私を背負って、またこの町で一番上の私のために治っ.私は知らないで誰が私の命の恩人であるため、彼らの名前も殘らない.それから私たこの都市は、富の増加に従って、ますますこの都市は、ますます恩返ししたい私の命の恩人.

じゃあ、あなたを準備するこの町は何ですか?

私の一番の三粒宝石、捧げここの最も善良な人々.

彼らはこの町に住んでいる.

第二日、奥力姆が自分の入り口付近に置いた上に並べて屋台、三粒ピカピカで宝石.奥力姆はブースに書いた1枚告示:私はこの3粒の貴重な宝石を無償で善良な人々.しかし、過去の人が足をちょっとだけ見て、そしてそれぞれの道を歩んで行く.

丸一日が過ぎ、三粒宝石以来.

まる2日が過ぎ、三宝石は冷遇される.

まる三日経っても、三粒宝石無主.

奥力姆れる.

瑪迪笑笑って言います:“私にやらせてのテストしましょう.」

そこで、マカデわらを探してきて、それを入れると、きれいなガラスの箱の中には、赤い糸箱中段に布、ラベルにわら一本、価格は1万ドル.

この動きが出ると、すぐ発生センセーション効果、人々は先を争って、問い合わせわらの非凡由来.マカディというわらはある国に贈って、係王室家でくださっている伝家の物は栄華.

、このわらでドルを買って.

三輝く宝石は、人々の目の中で、ただ彼らをあやすと偽物と小さいです.

事後、マカ迪奥力姆に人は入手困難なものに喉から手が出るほど、たとえそれはわら.

心語:人々はもっと簡単に手に入れるものほど、知らないで、甚だしきに至っては宝物を見なす廃棄物.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です