失って財宝の睡眠と健康守銭奴

p> <財産のために楽しみを持って、銭ゲバの趣味はただ占有金は使わない、考えてみれば、彼らと貧民に比べて、幸いにどこですか?古ギリシャ哲学者・玲奈の生活が貧しいのはとても幸せで、そして守銭奴たホームレスの日々は.イソップ、人々に見たあの埋蔵財宝の人は、この問題を説明することができる.

この不幸な人1筆の钱舍ないで、地中に埋めた、彼の心はまるでも埋めて入っていって、彼はいらない網気晴らしすごし、唯一の幸せはその財産をしたい.彼はお金がないたくなるほど価値があるので、ますます惜しん.彼がいつもお金を盗まれ、食べて、寝て不安、大丈夫総そのぶらぶら日1久しく墓泥棒が発見され、この地に宝があるのかないので、しゃべれない気にしないそれを盗まれた.

翌朝、守銭奴発見金がなくなって、すぐ地団駄を踏む、号泣、悲しみのあまり死.道を通る人は彼に聞きますどうして泣いて泣いているこんなに悲しいが、彼は答えます:“私の財宝を.」

あなたの宝に埋めてどこに盗まれた

<p」この石の隣.<>

やあ、今は何の日か、やはりで荒れた年月?あなたはどうして財宝を埋めるのがこんなに遠いですか?当初あなたはそれを置いて、金庫に無事じゃない?そんな随時取りも便利ですね.

いつでも使えますか?神様!まさか私を必要に貪りこの丁に便利ですか?あなたは聞いたことがない、お金稼ぎやすいのは難しいですか?私はそれは指の動き.

通行人は笑いました:君ならばこのお金は、、あなたがここに石を埋め、石として元のお金はあなたので、あなたにとっては同じ.

の基本的なマナーをはがして身を処して事をしない人の短所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です