多くの睡眠と健康授業

日私は終わって6節の授業の後で出て教室棟、ちょうどいくつかの認識の学生、そして今日は何節の授業.彼らは答えた10節.びっくりして、もともと少し不平をこぼして仕事がつらくて、これでもしません.

私はどうして知らない彼らに多くの授業?

班長を私に渡して課程表、びっしりとは、水曜日の午後二節の授業が生爪サイズの一面の空白、――それは会議や政治のに殘して.教師の会議のあと、学生もドアに軍事理論の公共の授業で、五時までずっと多い.私はこの枚にシフト見てまた見て、どうしても思い出せない私が大学の時は、たくさん奇奇怪怪の授業.私はどのようにあの時私は寮で、図書館で、ショッピングの時間より教室の時間は多いですか?

学生の授業が多く、私の最大のが不便で、授業はできませんについて.

に“ピーマン”の後、私はやっと発見して検討授業を中国で普通の大学の内部は、極めて曖昧なものを定義.呼びかけ教師勉強西方先進教育理念に、要求が多い上いくつかの討論の授業で、学生の自主性を強め、強化教風建設にも授業を持って討論を警告ではなく、教師たち討論課」に対処する学生、逃げる準備.まるで討論授業”は1種の食品添加物ではなく、味がありませんが、あまりにも多くは栄養がない.

私は知っていて本当の「検討課は、教師と学生のも楽ではない.聴講と劇場公演はたいして違わないで、あなたは自分の要求を討論し俳優になる.誰が直接稽古で出演?

私を想定して私に教えたこの授業に、もし授業も討論すれば、それは可能なプログラムはこんな――既存準備レベルの上に、更に学生ベストをいくつか問題を討論する論文、設置、学生が授業前に読むこれらの論文は、明らかに結論はどのように獲得したし、結論に評議.通りには週に2回の授業(全4時間)を、それぞれのテーマを、それぞれのテーマに議論を提供する3編に関する論文の要求は計算して、学生は一週間が必要精読12論文で、消費12~16時間.

私は方法を、この方法で生徒たちは授業以外、さらに完成後作業、備考の46級の、様々な活動に参加して.大一、四五人のサークルの学生が参加し、彼らは自習後の10時から会議を開いてサークル、12時まで開いていた.

その日食堂で聞いて、二人の学生が彼らの一つ検討課.先生は生徒に分配したユニット講義の任務は、ちょうど列一学期のすべての授業.一人の学生が私は本を読んで写真を用意し、どうせ誰も聞いてない、____.別の学生は言います:“幸い私は言い終わっ.」>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です