一週間でダイエッ睡眠と健康トしてあなたを減らせる方法

ダイエットして、飲食を制御するのはほとんど避けられないことを制御するのです.でも、あなたは本当にとても空腹で、とても食べたくて!実は節食していないで、あなたはお飢えるにならない、あなたは2つの飲食の原則を把握することができます……趣味について美しいと美食のあなたにとって、スリムな体にしてはあなたが、清貧な節食はあなたが悪――美しいや食べ物をいかにできる兼得?顧みれば昔のダイエットの歴史は、ダイエットの長い道のりを、これまで棘、うっかり可能七日の説法屁一つ.あなたは自分の最も好きな熱量を放棄する必要はありません、自分の最も愛した食べ物を放棄する必要はありません、もちろん飢えるの代価の代価によってすばらしい体つきを換取します.私たちに今までの食事の提案、あなたは発見され、いくつかの夢も現実になります.非ダイエットのダイエットの原理については、ほとんど节食者にとって,彼らは通常自分に何を食べて多くの制限のに対して、いつ食べるの概念がない.ダイエット専門家は、食べる時間と何かを食べても重要です.なお、節食ダイエット法については、特に食品としては、他の食品と一緒に食事と消化、消化、異なる時間を食べることができます.そのため、あなたは以下の2つの簡単な原則によって飲食を手配する必要があります.原則1たんぱく質とデンプンは同時に違う性質の食品が違う胃腸の環境を吸収して消化することを必要とします.たんぱく質は酸性の環境を必要と消化し、デンプンはアルカリ性環境で消化.もし2種類の食品ながら食事をすると、胃がうまく食物の分解、2種類の食品は消化が完全に、これらは消化にいい食べ物に腸でも正確に分解してビタミン、ミネラルや他の体を吸収できる栄養物質.この2種類の食べ物は必要な消化時間も違う.ほとんどの動物のたんぱく質は約8時間の時間分解、デンプンに必要な分解時間は速く、3~4時間しか必要としている.一緒に食事をすれば、消化システムの仕事速度が低下する.いったん胃腸に直ちに消化の食べ物となると、胃酸過多、腹部膨満、胸焼け、膨れる息の胃腸の問題.原則2空腹で果物を食べる果物はあなたが果物を食べるのが最も良いと思って、それでは、あなたの習慣を転覆する必要があります.果物が消化に消化して,たぶん半時間かかります.もし食後に果物を食べたら,睡眠と健康、果物や他の食べ物は胃に滯在、果物には栄養を吸収することはできない、その他の食品の栄養も大きいです.たとえば、果物の中の酸性物質は胃酸とともに消化デンプン類の食物を破壊するアルカリ性環境を破壊する.でも、空腹で果物を食べると、果物はすぐ消化され、小腸に入り、その中の栄養物質は順調に吸収されます.だから、果物を食べて、例えば、果物を早くランチ時の間食は非常に悪く、果物の消化吸収に少なくとも1時間.ダイエット:一週間で1キロを減算.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です