こと心は、睡眠と健康事に心まで

ことは心に行って止に、簡単に見えた4文字を、実行するのは難しい.本来は作ること、突然の可能性のような美しいシャボン玉のように壊れてしまった、その心は誰でもできることに心を止の.惜しいのは必然で、ため息不公平、神が人を弄ぶ.しかし、すべて落ち着いた後、心止は、私たちはまだどうでしょう?結局、人は無限の悲しみと恨みの中.

ことに心はは事をするのは1種の境界.良いことも悪いことより、慌てて平然としてより、迎え.どんなに成敗と得失、私たちの風格が印象的で、自分も得る啓発.かも知れない、次の同類のことが起きた時には、良い結果が出るだろう.

ことすべきことに心、心まで.仏語は雲があります:竹影上る塵を動かず、月着潭底水無痕.この言葉も同様の意味は、最高の境界.ただ、今の社会、名利を追い求める者が少なくない、人は難しいが同じ閑雲野鶴――平平凡々身、余裕をから容.多くの人にお金の字、手段を選ばない、更に振り返って時、親心、友情、愛情も踏まれて足元.その時、人々はやっと感嘆、貧乏しか殘ってお金も、悲しいか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です